経営理念・経営方針

精肉のG-7ミートテラバヤシ > 会社情報 > 経営理念・経営方針

経営理念

我社は、常に高品質を志向し、生活者から心より信頼され、愛される店づくりを目指します。これを礎として社業の繁栄をはかり地域の食生活と従業員の福祉の向上に寄与します。

経営方針

1.顧客満足主義
「おいしい」「新鮮」「好感」で・・・お客様から”ありがとう”と言って頂ける、商品とサービスを提供いたします。(C.S.=Customer Satisfaction)
2.共生共栄
一企業の繁栄のみならず、G-7ミートテラバヤシに関係する全ての企業・団体・個人とが良好で公正な関係を維持し、ともに生き栄えます。
3.全員主役
企業を構成する「人」が、主体性を持ちイキイキと仕事に取り組める、全員主役のイキイキ職場を実践いたします。
4.創意工夫
環境の変化に即応する「想像力」を持ち、新しい商品と新しいサービスの開発を創意と熱意で推進します。

一、私は高鮮度の商品と優れた技術、生活者ニーズにマッチした品揃えと売り方に魂を込めて働きます。

地域ナンバー1・オンリー1

G-7ミートテラバヤシは、精肉のカテゴリーキラーとして昭和49年に横浜市の鶴見に創業致しました。「顧客満足主義」「共生共栄」「全員主役」「創意工夫」を基本方針として、各店舗が、それぞれの地域でナンバー1そしてオンリー1(当店だけにしかない。他には真似できない。)を目標に徹底した地域密着の活動を展開してまいりました。
マーケットイン(市場のニーズを汲み取って物を製作し、ニーズの多いときにニーズの分だけ売り出す)の発想でお客様を私たちのビジネスの中心に位置付け、お客様から心より信頼され愛される店づくりを行なってまいりました。

変化対応型の柔軟な企業戦略

少子高齢化や女性の社会進出を背景に、食生活とこれに関わるフードビジネスもあらゆる面で大きく変化しています。G-7ミートテラバヤシは、この時代の変化を先取りした戦略を大胆に展開いたしております。
G-7ミートテラバヤシは事業部制をとり、各事業部を全く独立したカンパニーに見立て、カテゴリーやエリア等に捕らわれることなく、事業部のキャパシティーにより店舗展開を行なっております。より細やかにエリアマーケットを把握し、対応していくため、事業部の新設や統廃合を推進し、フレキシブルな企業として躍進いたしております。

魅力的な店舗づくりにチャレンジ

店舗毎の仕入れと「売価はお客様が決める」の考え方により、生活者のニーズに対応した多彩な品揃えとリーズナブルな価格設定を行なってまいりました。
生活者のニーズ(必要、要求)・ウォンツ(消費者の個性や性格、経験などによって形成された欲求)を徹底追及し、全商品の仕入れ、販売についても、各店長に全ての権限を委譲しています。
G-7ミートテラバヤシの「魂」は鮮度・品質・品揃え、これにお客様が生鮮食品に潜在的に求めている活気ある売場とするため、“元気”を付け加え「4つの魂」といたしました。
各店舗は、高鮮度・高品質・豊富な品揃えはもちろん、活気のある売場を演出いたしております。

従業員満足度を高めイキイキ職場

誰にでも長所と短所はあります。モチベーションを高める教育訓練を行ない、その人の長所を更に伸ばします。
“弥栄”の精神で、目標を明示し、それに向かって従業員が自らの意志でチャレンジし、参加していくシステムを取っています。知力・体力・気力のメンテナンスとプロモーションを図りながら、生涯労働を充足させていく方法で、組織は活性化され、イキイキ職場が実現します。

メインコンテンツに戻る